お品書き

寿司・刺身

北海道の一番の魚をご用意します

yutakazushi-menu.jpg

マグロ
主に津軽海峡で延縄という漁法で獲れた本マグロ(函館戸井産、青森大間産)を使用しております。特に函館で水揚げされた鮪は扱い方が非常によく、水揚げしてすぐに神経を抜いてしまうため、まだ生きた様な状態で札幌市場に入ります。当店では、その鮪の中でも最高級のものを、11月から12月にかけてセリで一本買いしております。マイナス50度で保存しており、いつ来ても本物の味を提供できるよう努めております

ヒラメ
常時活締めを使用しております。1月から2月は築地より空輸、他の月は北海道産(石狩、積丹)のものを使用しております。(日によっては昆布締めも用意しております。)

カズノコ
春にくる鰊の子を、2月に1年分買います。一般に出回っている輸入のカズノコはすべて漂白されておりますが、当店は無漂白の5年製の厚田産の鰊の子を使用しております。そのため、味も大違いで、「これがカズノコか」と、多くのお客様が驚かれます。(私はこれを有明の海苔で巻いて食べるのが好きで、お客様にもその様にして食べていただくことがございます。)

シャコ
1年を通して最も美味しいといわれている秋シャコを通年用意しております。小樽(銭函、張碓(はりうす))で獲れる中でも特大のものを12月におさめてもらいます。シャコは冷凍保存のため、解凍した時にパサパサになってしまいますが、秋シャコは解凍してもしっとりとしており、うまみが落ちません。メスは身と卵のバランスがよく、美味。オスは味が濃く、お酒を飲むお客様に特に喜ばれます。

ウニ(塩水ウニ)
浜で獲れたバフンウニを塩水につけただけのものを使用しております。浜で食べるのと同じ感触でお召し上がりいただけます。(9月1日から30日まで、北海道全域禁漁になります。)

イカ
イカは活イカのみを使用しております。1月から4月まではヤリイカ、7月から11月まで真イカを用意しております。(海がしけて活イカが仕入れられない時もございます。)活の真イカのゴロ(内臓)は絶品。

タコ
北海道産の真ダコの頭を使用しております。味よし、歯切れよしで、値段もお手ごろです。

ホッキ
主に、苫小牧産の茶ホッキを使用しております。身が厚く、食感はやわらかく香りが上品です。(6月頃より産卵の時期に入るため、黒ホッキを使用することもございます。)

ホタテ
天然物を極力使用しております。歯切れ、味は格別。(入荷しない時はオホーツク産の地撒きのホタテを使用しております。)

シメサバ
松輪のサバを使用しております。美味です。

その他
シマアジ、アナゴ(メソ)、コハダ、サヨリ他は、築地より空輸で仕入れており、常に新鮮なものを用意しております。北海道産のタラバガニなどもあります。

イクラ
9月に獲れた日高広尾産の最高級品の生筋子を使用し、当店独自の製法よる、皮がやわらかく、生臭みのまったくないイクラです。今までイクラが食べられなかった人でも、食べられたという方が大勢いらっしゃいました。各地から喜びのお便りもいただいております。